奨学金の手続きの際にはアルバイト収入などを記入しなければいけないですよね。
奨学金と言っても日本学生支援機構や、その学校独自の奨学金制度などもあるので
一概には言えませんが、アルバイト収入などの書類は結構適当でOKです。

もちろん、私は嘘を付きたくない!という真面目な人はその通りに書くことをおすすめします。
あくまでも申告なので正しいか?正しくないかなんてわかりません。
特にその学校独自の奨学金の場合なんて審査はゆるゆるだと思って間違いありません。

単純に数字を合わせるだけのゲームみたいなものですね。
まあ全額免除されるような奨学金ならまだしも、結局返済しなければいけないのが
奨学金なので言ってみればただの借金です。

もちろん返済できなかったらそれなりの制裁が待っているわけです。
≪関連記事≫
奨学金は3ヶ月延滞すると人生終了!?

にも関わらず、奨学金を借りれた借りれないで一喜一憂する意味もありません。
どうせ返済しないといけないので。

もちろん、奨学金の審査なんて住宅ローンとかそういったローンに比較すればチョロいもんです。
なので奨学金の手続いでアルバイトの収入を書かないとか嘘付いたらどうなるなんてことを
考えないで、どんな手を使ってでも借りに行くのが奨学金だと思っておきましょう。
返済義務のない奨学金なら尚更ですね。
アルバイトよりも大事です。(笑)