ブランド物って「腐ってもブランド」といわれているくらい、やはり甲斐があるものだと思います。
どのくらい年季が経っていても、ブランド物と言うだけで甲斐が出たりするのだからすごいと思います。
たとえば、普通のノーブランドのアパレルは、年季が経つとほとんどコストがつきません。
仮に高級ないいもとで出来たアパレルだとしても二束三文という感じで、売らない方がいいくらいです。
まだまだ買って間もないアパレルだったらある程度賛成が行くコストで売れるかもしれないけど、だいたいノーブランドのアパレルは新しくても新品同様だとしても、本当に納得できるコストがつかないことが多いです。
これは流用に持ち込んだ時の査定の発言でしたが、わたしは何度かノーブランドのアパレルを査定してもらって、あまりにも二束三文なので驚いて売らずにまた持って帰りました。
売らないで誰かほしいというヒトに贈り物した方がいいと思ったからです。
それに比べると、ブランドのアパレルは年季が経って古くなっていてもシチュエーションが良ければある程度のコストがついて、それにもまた驚きました。
ブランドはやっぱり手強いのです。

我々はブランド物が大好きです。
ほとんどのブランドのものは海外に行ったときに買っていますが、もう使わなくなっていざこざになってしまったものは、リサイクルショップではなく、競り市に出品して並べるようにしています。
リサイクルショップでは偽物を揃えしないように、いらっしゃるブランドのものは受付けないようにしている業者もあって、ちょっとがっかりしてしまいますし、料金も凄く安くしか買い取ってもらえないので、やはり競り市に出品して売ったほうが対価になるのです。
競り市に展示するためには写真の撮影の手間がかかりますが、最近のデジカメはよくできているので、簡単に撮影することができます。
そして、標記にブランド言い方を明記することで、注目度も高くなります。
同じようなものでも、ブランドによって、激しく売れたり売れなかったりするのです。
我々はブランド物はそれだけの魅力があるものだと思っていますから、名だけでも売り払える物証がよくわかります。
やっぱり高くかったものは、誰かに大切に使って欲しいと思うので、オークションで譲ることにしています。
山梨でブランド品を高額で売った話