この間、ある用事があったので東京、上野に行ってきました。
そしたら電車の中でこういうアナウンスが流れました。
「宇都宮~東京間は各駅に停車し、東京~小田原・熱海間は快速になります。」と流れました。
確かに上野東京ラインができ、利便性が上がったように見えますが、実は湘南新宿ラインの場合、直通でしたがこういうアナウンスは流れませんでした。
どういう事なのか?はわかりませんが、私の個人的な推測ですが、東海道線直通の場合、電車が混むのではないか?と思うのです。
宇都宮東京間は100キロなのに対し、東京熱海間が150キロ、さらに東京沼津間に至っては200キロ近くあるのです、合計で300キロ以上もあるので、逆に言うと「快速ばかり増えても意味がない」とJRは判断したのでしょう。
快速アクティーとラビットをもしかしたら同時に使えないのかもしれません。
上野東京ラインが出来た時、鉄道マニアから「革命だ!」そんな事を言っていたのを覚えています。
湘南新宿ラインは、横須賀線の逗子まで行くのですが、山手線、横須賀線は半ば快速みたいで、早く行く事が出来るのですが、東海道線はなかなか難しいのでしょう。
ノア 買取り

何れにしても、乗車する人達の利便性を考えながらダイヤを組んでもらいたいです。